Virtualizations 仮想化

仮想化はなぜ必要か?

現在動いているクラウドの多くは、仮想化された状態で動いている物が 多いです。 ハードウェアに密接に結びついた従来のサーバーやシステムでは機器の老朽化は高額な移行コストを生む原因になります。 しかし、仮想化されたシステムはバックアップを取ることもシステムを移行させる事も比較的用意な状態になります。 そして、同じサーバーを複数立てる冗長化にも役に立ちます。 また、開発と本番環境を同じにして、システムを安定稼働させるのにも役に立つでしょう。

このように現代のシステム、サーバーは仮想化なしには考えられない状態になっています。

仮想化は大きく3つのタイプに分けられる。

  • ホストOS型

    • VMware Player
    • VMware Workstation
    • Oracle VirtualBox
  • ハイパーバイザー型

    • VMware
    • vSphere
    • Xen
    • KVM
    • Hyper-V
  • Docker コンテナ型

参照

TOP フルスタックエンジニアを目指すに方々へ 2018年5月2日 レンタルサーバ,VPS,AWS,CDN