Index

herokuで複数のアカウントを利用して開発する。

heroku-acconts

案件や会社に応じて分けて開発する場合に利用する。 それぞれ、webで登録済みで有ること。

ツールをインストール

$ heroku plugins:install heroku-accounts

会社組織で利用してシングルサインオンを利用する方法もあるみたいだが、今回は その方法は利用せずに、アカウント毎で公開鍵をheroku側に登録する形を取る。

それぞれにアカウントに紐付け

  • office
  • private

この2つのアカウントを作成する。 これは仮の名前なので、必ずしも実際のherokuアカウント名とする必要はない。

  • officeアカウント
$ heroku accounts:add office

メールパスを入れて登録完了

  • privateアカウント
$ heroku accounts:add private

同じ用に入れて完了

追加アカウントの確認

$ heroku accounts

アカウントの切り替え

$ heroku accounts:set office

それぞれ公開鍵を作成する

office 側

アカウントをofficeに切り替え

$ heroku accounts:set office
  • キー作成、UPLOADされます。
$ heroku keys:add ~/.ssh/office.pub
  • そのキーを作成できるように設定
$ vi ~/.ssh/config

中に追加

Host heroku.work
    port 22
    HostName heroku.com
    IdentityFile ~/.ssh/work.pem
    User git
    TCPKeepAlive yes
    IdentitiesOnly yes

private 側

アカウントをprivateに切り替え

$ heroku accounts:set private
  • キー作成、UPLOADされます。
$ heroku keys:add ~/.ssh/private.pub

中身

Host heroku.private
    port 22
    HostName heroku.com
    IdentityFile ~/.ssh/private.pem
    User git
    TCPKeepAlive yes
    IdentitiesOnly yes

自身のアプリを確認

それぞれのアカウントに切り替えて確認、現在のアプリを確認

$ heroku apps

ケーススタディ

  • 既存のherokuアプリを手元にもってくる場合
ディレクトリをinit
$ git init 

アプリを確認
$ git apps

アプリ名でremoteを追加
$ heroku git:remote -a **appname***

$ cat .git/config

[remote "heroku"]
    url = https://git.heroku.com/[アプリ名].git
    fetch = +refs/heads/*:refs/remotes/heroku/*

$ git pull heroku main

  • 手元にすでに既存のherokuアプリがある場合

そのリポジトリを利用してた時のアカウントで操作すれば問題無し。 heroku accounts:set private

同じ方法で、2つ以上のアカウントも保有は出来る。

最新記事一覧

続きを見る

関連コンテンツ

カテゴリー一覧

TOP フルスタックエンジニアを目指すに方々へ 2022年1月30日 1週間で、Ruby 〜 Ruby on Railsまでを学ぶ