Webフォントについて

Webページ表示用のフォント。 CDNで利用したり、サイトに設置して利用したりする。
ローディングまで一定の時間がかかるが、文字の表現力がかなり上がる。

Webフォント対応のブラウザ

  • IE (eotのみ)
  • Firefox
  • Chrome
  • Android標準ブラウザ
  • Opera
  • Safari

代表的なウェブフォント

SSL/TLSとは?

  • SSL(Secure Sockets Layer)
  • TLS(Transport Layer Security)

ネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)

参照すべきドキュメント

ブラウザの対応について

SSLと証明書の関係

  • 無料のSSL証明書
    • Let’s Encrypt
  • 有料のSSL証明書

検索について

検索はその制度や機能から様々な形の物が存在する。

  • サーバインストール型
    • Namazu等
  • クラウド型
    • 無料:Google Custom Search
    • 有料:Probo,Mars Finder・・・等
  • CMSの機能としての提供(※主にDB内の検索)

注意点

  • DB検索型
  • html等静的リソース検索型

また、検索の精度、機能においても様々な違いがある。

Mail Server / メールサーバ

Index

初めての方へ

(ビギナー用セクション・プロジェクトマネージャー、ディレクター向け)
  1. はじめに
  2. ビギナー向け・ドキュメント
  3. 会話集

より深く追求される方へ

(開発者・フルスタックエンジニア向け)
  1. より深く理解する為に
  2. 関連ワード
  3. 要点チェック
  4. 一般的な規約
  5. 前提知識・資料
  6. テスト、デバッグ方法
  7. その他・関連ツール
  8. 補足

1 はじめに

メールを使った事が無い人はいないはずだ。でもメールという仕組みを支える技術について知らない人は多いだろう。

メールを支える技術は主に以下の3点となる。

  1. DNS(ドメインネームシステム)
  2. メール配信、受信サーバ (メールサーバ)
  3. メール配信、受信クライアント、デバイス

特にポイントは1,2に関しては、ほぼ有料だという事だ。

例えば無料のgoogleのGmailなどは3のクライアントにあたる物だが、そのように無料で利用している物の背後に有料でしか作る事ができない技術が隠れているという事だけをまずは念頭に入れておく必要がある。

2 ビギナー向け・ドキュメント

3 会話集


4 より深く理解する為に

メールサーバと言っても受信と配信ではそれぞれ使用するミドルウェアが異なる。

また運用面で大量配信などを行う場合はサーバへの負荷や迷惑メール対策など様々な懸念事項が発生する。

通常のメール利用とメルマガなどでのメール利用はまったく性質が異なると考えておいた方が良いだろう。

また、プログラムの実装における日本語以外のメールの取扱いの問題や添付するファイルの問題。

そして暗号化やセキュリティなどを考えると非常にたくさんの懸念事項が発生すると考えた方が良い。


5 関連ワード

  • SMTP
  • POP
  • IMAP

  • MA(メールエージェント)


6 要点チェック

  • 大量配信は注意が必要(sendgridなどのサービスも検討する)
  • 多言語の取扱も注意(プログラム実装の問題)
  • 添付するファイル利用時も注意(プログラム実装&セキュリティ問題)
  • AWSなどはSESを利用しないと暗号化されてない

7 一般的な規約


8 前提知識・資料


9 テスト、デバッグ方法


10 その他・関連ツール


11 補足

GeoLocationとは

GPS機能などを使い、ユーザーの位置情報等を取得する技術。
主にアプリなどで利用されるが、利用に際してはユーザーの同意が必要になるように設計される。

IP GeoLocation

IP情報等から閲覧者の場所を割り出す技術。

Domain / ドメイン管理

Index

  • 1 Webサーバ・DNS浸透マニュアル (DNS Propagation Period)
  • 2

———————————————

1 Webサーバ・DNS浸透マニュアル (DNS Propagation Period)

DNS浸透期間とはなんですか? どのような影響がありますか?


注意すべき問題

  • webサーバのDNS切替にかかわるリスクとメールサーバ込みの場合のリスク、対処法は異なる

  • 特にメールサーバ関連はローカル配信の問題(mxレコードだけを外部にむける場合)などもある。

    ※ローカル配信: メールサーバだけをMXレコードで他のメールサービス(Microsoft 等)を利用するようにした場合
    そのドメインのフォームからのメールが内部に配信され、MXレコードで設定した外部には飛ばなくなる。
    

DNS接続できるようになったかどうかの確認方法

  • ブラウザでの確認

  • コマンドでの確認

    • mac digコマンド
    • windows nslookup コマンド

1 windwos nslookup

1-1 確認コマンド

1 通常の確認方法

nslookup ドメイン名


2 より詳細に確認したい場合debugモード

> nslookup
> set d2
> ドメイン名

1-2 結果の確認方法

  • 失敗した場合

下記が表示される


*** dnsサーバー名 が 検索したドメイン名 を見つけられません : Non-existent domain
  • 成功した場合

下記が帰ってくる。

サーバー: DNSサーバー名
Adress : DNSサーバーのIP

権限のない回答:
名前: 検索したいドメイン名
Address: 検索したいドメインのIP

1-3 その他補足

参照


2 mac dig

2-1 確認コマンド


$ dig ドメイン名

2-2 結果の確認方法

ANSER: 1 で帰ってくればOK.


・・・ :; flags qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 1 ・・・

2-3 その他補足

コンテンツサービス

動画や電子書籍、アプリケーションのダウンロード販売等を取り扱うサービス。

コンテンツ配信サービス

サイトに対応のJSを配置する事で様々なコンテンツを配信するサービス
  • スマホ対応サイトの配信 : mobify等

  • IR情報を配信するサービス : pronexus等