Web Siteで、アクセスカウンターやウェブアクセスログの解析から始まったウェブ解析は多くのツールや計測ポイントが発見され、より複雑に高度になっています。

Googleの 解析、テストツール

基本無料プランでOK. サイト規模が大きすぎる場合はプレミアプラン(有料、高額)がある。

Google タグマネージャ / Tag Manager(GTM)

タグを一括管理

Google オプティマイズ / Optimize

A/Bテストが可能に

Google アナリティクス/Analytics

アクセス解析ツール

Google survays

その他 解析ツール

  • Adobe製品

  • ヒートマップ

補足情報

通常のウェブサイトの構造に加え、第2のトップページと言えるLP(ランディングページ)を加えたり、同じURLでありながら見せ方を変えれるA/BテストはKPIやCV(コンバージョン)の最適化を図る方法として積極的に導入していきた

LPランディングページ

例えばSEO対策やSEMでの入り口ページとして使用されるページをランディングページという。
大きなサイトの入り口となるため、サービスの訴求力や離脱を防ぐ仕組みが積極的に導入される必要がある。

A/B テスト

GoogleのOptimizeを使えばサイトソースを変えずにABテストをすることが可能だ。

サイトは見られてこそ価値がある。そのためには露出をいかにするかが大切である。

SEO対策

昔から取られてきた、検索エンジンに対してサイトの特性をうまく伝える為に行う対策。
基本はタグとキーワードの組み合わせ、内部リンクの構成で行う。
外部からのリンクによる重み付けもある。

前提条件としてSEO対策には

  • 現在のSEO対策の大半は対google
  • キーワードが複数ある場合、全ての狙いたいキーワードで上位はしめられない。
  • 分析、アプローチにより解明された部分
  • googleが公式で、そうしますよと公言している部分
  • googleが発表していない、実際のロジックや検索の重みづけ

があり、事実上完全にSEO対策をほどこす事は不可能である。

SEM

SEOに対して広告、宣伝としてお金を使って行うのがSEMである。
SEOに比べて個人や地域による検索結果の揺れが無いため、結果としてSEOよりも正確に狙ったキーワードで露出できる事になる。

ただ、昨今ブラウザに実装されていっているAD広告ブロックなどもあり、配信したい対象に対して、実際の露出がされているかどうかの検証も必要。

SMS

ソーシャルメディアに露出を行うための対策。
いいねの拡散などを含めソーシャルの対策に対しては幅広い施策がある。