APIとは

APIとWEB API

APIにはネイティブアプリケーション時代の旧来のAPIと現状多くのクラウドサービスで使われているWebAPIがある。

  • API:Application Programming Interface

    元来のAPIはネイティブアプリケーションの開発にも使われている言葉

  • Web API

    HTTPプロトコルを用いてネットワーク越しに呼び出すアプリケーション間、システム間のインターフェース。

配信元への登録、API用のキーの取得、APIURLから主にはJSON形式(昔はXML等)でデータを取得できるようになる。

WEB API を呼び出す為の APIキー

一部googleなどのサービスを利用する場合にAPIキーが必要になる事がある。
例えば昔は無料で埋め込めたGoogleMapも仕様が変わって利用にはAPIキーが必要になっている。

APIキーはAPIの不正利用(許可サイト以外での使用)などを抑止したり、サブスクリプションとして提供しているAPIをベンダー側が管理するという意味合いもある。

ビギナー向け・ドキュメント

より深く理解する為に

昨今のクラウドサービスは多くが API,WebHookを実装している場合が多い。
それらを繋ぐのに一からプログラムを書いてもいいが、実際にインテグレーションツールを利用するのも手。

関連ワード

  • JSON,JSONP
  • XML,SAML
  • GET,POST – Request Header,Request Body
  • Response Header, Response Body

テスト、デバッグ、各種ツール