Index

初めての方へ

(ビギナー用セクション・プロジェクトマネージャー、ディレクター向け)
  1. はじめに
  2. ビギナー向け・ドキュメント
  3. 会話集

より深く追求される方へ

(開発者・フルスタックエンジニア向け)
  1. より深く理解する為に
  2. 関連ワード
  3. 要点チェック
  4. 一般的な規約
  5. 前提知識・資料
  6. テスト、デバッグ方法
  7. その他・関連ツール
  8. 補足

1 はじめに

Amazon VPC(Amazon Virtual Private Cloud)

AWSのバーチャルネットワークはSG(セキュリティグループ)と呼ばれる管理ツールで細かく接続を管理する事が可能です。

サーバーへのアクセス権限やポートのホワイト、ブラックリストにいたるまでにGUIで設定できる為、非常に柔軟性があり、またそのSGに関連するサービス(例えばEC2インスタンス等)を含める事が出来ます。

2 ビギナー向け・ドキュメント

3 会話集


4 より深く理解する為に


5 関連ワード


6 要点チェック


7 一般的な規約


8 前提知識・資料


9 テスト、デバッグ方法


10 その他・関連ツール


11 補足

メインフレームとは何か?

主に企業など巨大な組織の基幹業務用などに使用される、大型コンピュータを指す用語

IBMを始めとした一部限られた企業しか現在は製造していない。

メインフレーム自体はメインフレーム用のOSで動作する。

他の一般コンピュータと違う特徴のひとつとして高いI/O性能を持つという事があげられる。

おすすめリンク

関連ワード

  • I/O性能 : Input,Outputの性能、メインフレームの場合エラーやリカバリ処理がハードウェアレベルでサポートされている。
  • 基幹業務 :受発注処理や販売管理、在庫管理など、その企業・団体の事業内容と直接的にかかわる業務
  • 汎用コンピュータ、レガシーシステム : いずれもメインフレームの別称

リンク

関連

Office系ソフトとは?

オフィス系ソフトとは文字通り、主に会社業務で使用されるソフトウェアの事。
大きくは以下のカテゴリで分けられる

下記は主にマイクソフト製品

  • Word 文章作成用

  • Excel 表計算用

  • Access 簡易DB用

  • PowerPoint プレゼンテーション用

現在はGoogleなどのクラウドアプリケーションも同等の作業が出来るものが増え、互換性もある為マイクソフト製品以外の選択肢も増えている。
OpenOfficeなども無料だがマイクロソフト製品との互換性を保っている。

チャットボットとは?

チャットと言えばSlackやHangoutなどで知られるコミュニケーションツールです。
そしてチャットボットとは「対話(chat)」する「ロボット(bot)」という意味で、人間とチャットスペースの場でコミュニケーションを取れるプログラムを指します。

ボットの中身の違い

一口にボットと言っても様々で、予め決められた会話、切り返しを行うボットもあれば、人工知能により学習を重ねながらトークを行う物もあります。

ボットを提供するサービス

  • OSS
  • クラウドサービス

Iotとは何か?

モノのインターネット(Internet of Things)とは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組み。

趣味、個人開発でもラズベリーパイを始めとした小型基盤が広がり、様々な物がネットに手軽に接続、制御できるようになっており、その制御にもJavascriptなどの手軽な言語が使用可能となっている。

重要なドキュメント

Iotとは何か?

System Develop and Aplication Develop (システム開発とアプリ開発)

Index

初めての方へ

(ビギナー用セクション・プロジェクトマネージャー、ディレクター向け)
  1. はじめに
  2. ビギナー向け・ドキュメント
  3. 会話集

より深く追求される方へ

(開発者・フルスタックエンジニア向け)
  1. より深く理解する為に
  2. 関連ワード
  3. 要点チェック
  4. 一般的な規約
  5. 前提知識・資料
  6. テスト、デバッグ方法
  7. その他・関連ツール
  8. 補足

1 はじめに

システム開発とアプリ開発は、通常ウェブサイト制作とは100%異なる側面がある事を認識しよう。

多くの場合、PHPやJavascriptなどでもウェブアプリに近い物を作成できるが、ウェブサイトと違い、一つのバグやエラーがシステム全体を停止させる可能性があるという点や、一度リリースしてしまうと後からの修正がどんどん大変になるという点も抑えておくべきポイント。

また、近年はフロントアプリケーションと呼べるような複雑な動きや機能をウェブサイトに持たせる事もある為、それらの実装にはよっぽどの時間やリスクがあるという点も抑える必要がある。

2 ビギナー向け・ドキュメント

  • システム開発とは

  • アプリ開発とは

3 会話集


4 より深く理解する為に

システム開発は多くの場合、ウォーターフォール型と呼ばれる開発手法を取る事が多い。
アジャイル開発ももちろん有りだが、ハウスでの開発でない限りは余りオススメできる手法ではない。

理由としては開発手法というよりは、お金の問題が絡んでくる。
ウォーターフォール型が実装=金額になりやすいに対してアジャイル型は期間=金額になりやすく(例外もあるが)
その部分の相互の理解無しには色々と問題が生じる場合が多々ある。

アプリ開発においては基本は同じ。(一部課金ゲームなどのアプリは除く)

逆に社内での開発に関してはアジャイル開発は必須で、柔軟性にとんだ開発手法と言える。

いずれにも言える事だが、出来る事を定義するよりも出来ない事を定義する方が実は重要。
システム開発、アプリ制作においての認識の齟齬ほど恐ろしい物はない。


5 関連ワード

  • 関連するOSや言語
    • システム開発
      • Linux,Windows,Mac
      • C,C++,C#,VB,VBA,Java
    • アプリ開発
      • iOS,Android,WindowsApp
      • C#,Swift,Java

6 要点チェック

  • システム制作の場合は、多くフルスクラッチで行うと後々にメンテやセキュリティの問題に直面する。

  • アプリ制作の場合、アプリだけでなく(例えばPUSHを行う)バックのサーバーが必要になる場合がある。


7 一般的な規約


8 前提知識・資料


9 テスト、デバッグ方法

  • ブラックボックステスト

  • ユニットテスト、統合テスト・・・etc

  • 継続的インテグレーション


10 その他・関連ツール

  • システム開発ツール

    • Visual Studio for win,mac

    • Cloud System Develop Service

      • cloud9
  • アプリ開発ツール
    • Xcode

    • Cloud App Develop Service

      • monaca

11 補足