目指せWEBエンジニア! 必要なスキルや勉強法は?

現代はネット世界。これに異論がある人はいません。そして、そのネットを支えているのはたくさんの技術があります。
その中の一つに「Webエンジニア」があるのです。


誰でも「Webエンジニア」になれるのか?

誰でもWebエンジニアになれるのか? 

ずばり「 なれます!! 」が答えです。

それはWebエンジニアになる為の知識やスキルは全てWebで取得する事ができるからです。

ネット環境とそこに繋がるPCがあれば、もう目の前に貴方が「Webエンジニア」になる道が開けているのです。


どんな人に向いている職業なのか?

  • PCを触るのが好きな人
  • 物事を考え、作るる事が好きな人

基本的には上の2つが当てはまる人に向いてる職業です。
逆にWebエンジニアを続けるには、この要素が無いと難しいかもしれません。

物事を考え作る楽しさが、この職業にはあります。


「Webエンジニア」という職業は何か?

大きい会社やグループ分業が成立してる会社の中では

  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア

に分ける事ができます。
この二つのエンジニアには要求されるスキルや特性が少しづつ違います。必要なスキルは次に項で説明します。

また、分業で成り立つ会社であれば上記以外にWebディレクターやWebデザイナーなどが存在します。


#「Webエンジニア」に必要なスキルは?

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

  • マークアップ言語
    • HTML
    • CSS
  • スクリプト言語
    • JavaScript
      • jQuery
      • Angular
      • React
      • Vue

これらは多く、ブラウザだけで動作するマークダウン言語、スクリプト言語です。

マークダウン言語はWebサイトの文字や画像を装飾したりするにに使われます。
またスクリプト言語はWebサイトに動きを与えたり、簡単なロジックのプログラムを組むために使用します。

フロントエンジニアの技術があればWebサイトの見た目部分を作る事が出来ます。

バックエンドエンジニアに必要なスキル

  • プログラミング言語
    • PHP
      • CakePHP
      • Laravel
    • Ruby
      • Ruby on Rails
    • Python
      • django
  • データベース MySQL

  • OSサーバ Linux

バックエンドで動くプログラムはサーバー側で動くものがほとんどです。
これらのプログラムはロジックがメインでそれらの出力にはフロントエンドで使用する言語を混ぜて使います。

バックエンドエンジニアの技術があればブログのようなシステムを作ったり色々なサービスの基礎となるプログラムを組む事が出来ます。


未経験でも転職できるのか?

実例として私の身の回りにも未経験から出発されてる方はたくさんいます。

未経験から出発できる理由は、後述のキャリアアップを目指すエンジニアも多いため常に業界として人材を欲しているからです。

これは色んな職業の中でも将来の選択肢が広いと言えます。


「Webエンジニア」のキャリアアップとは?

初めはフロントエンジニア、バックエンドエンジニアとしてスタートして、そのあとのキャリアアップは下記のような物があります。

  • フルスタックエンジニア

  • Webディレクター

  • フリーランス

フルスタックエンジニアとは

先程のフロント、バックエンドエンジニアの技術両方を兼ね備えたエンジニアです。技術的な追求が好きな場合もそうですし、自分ができる技術の幅を広げる事がキャリアアップに繋がるキッカケにもなります

Webディレクターとは

Web制作全般をしきり制作を進めるのがWebディレクターです。
ディレクターの仕事の特徴として内部プロジェクトを進めたり、クライアントとの打ち合わせなども進めます。必然的に資料作成などの時間も増えていきます。 Webディレクターでありながらコードを打つ人もいますが、その時間は大幅に削られます

フリーランスとは

会社に所属せずに個人事業主としてWeb制作に関わる事です。
仕事さえあれば収入は会社で働いていた時よりも大きく膨らみます。
フルスタックでありながらWebディレクターなどの経験もあてば、フリーランスとしてできる仕事の幅は大きく広がります。


稼げるエンジニアを目指そう。

稼げるエンジニアとは何でしょうか?

それはスキルセットが幅ひろいエンジニアです。会社内のポジションをあげる事も出来ますし、フリーランスとして活躍する事も可能になるでしょう。

Webエンジニアとしての面白さはやればやるほど、知れば知るほど、その世界が広がり収入にもつながるという事です。

冒頭にも言いましたが、目の前にネットとそれにつながるPCがあれば準備はすぐに始められます。

さあ、あなたの目の前に可能性が広がっています。