2018年 Appleの動向を予想! Macは?ipadは?iphoneは? その他新製品の行方は?

2017年も終わり、新しい2018年にAppleがどのような製品を出していくか予想していきます。果たしてiPhon xやMac Proを超える新商品は発売されるのでしょうか?

予想前のアップル買収企業に関するニュース

予測前に新しい技術投入、製品化の兆しがあるか買収ニュースをチェック。

最後のAR以外はスマートスピーカーや画像、映像認識前提の技術反映のように思われますね。

さて、

iphoneの新型は登場するのか?

iPhone Xの衝撃が残る中、次回の新型iphonはおそらくマイナーアップデートや小型のiPhoneが販売されるだろうと予想してます。
今までの流れを考えると新しい形状タイプのiphoneが出た次の年にさらに新しい形状のiphoneが出た記憶はありません。

という事はスペックアップの1「 s 」というシリーズ
もしくは
サイズ変化の「 plus 」や、「 se 」のような形の物が登場するのでは無いかと予想しております。

Macについて


Mac Proの衝撃が今年度続くはずで、どのぐらいの人間があのモンスターマシーンを購入するか興味がありますが、やはり主流はノートです。

おそらく値段以外の魅力が薄れたMacBook Airのシリーズは打ち止めでは無いかと予想しております。もしくは新Airシリーズが登場?と予想したいですが、ここ数年の他のシリーズを見てる限り、それは無いように思われます。

MacBook Proはより軽く、高スペックPCへ進化を遂げるはずです。

2018年モデルに関しては、もしかすると外観の大きなチェンジがある可能性があります。ディスプレイのベゼルはもちろんの事、個人的にはapple penをMacBook Proでも活用できるような機能追加がありえるのでは無いかと予測しています。

またMacBookに関しては現在の軽さ920gをギリギリまで超えてくる可能性があると思います。本来Airの役割だった部分を全てまかなってしまってるシリーズとなってるだけに軽量化は必須だと思います。
日本でも700g台のPCがあるだけにそのレベルまでに軽さが落とし込まれるか注目です。

iPadについて


今年度の 「iPad Pro」の流れを考えれば、そろそろ「iPad mini5」「iPad Air3」などの出番かなと考えたりします。

もしくはiPhon xにあった、ベゼルの狭いモデルの登場も考えられます。
しかし、iPadの立ち位置を考えた時、ライトユーザーやホビーユーザーに対して、PCの代わりとなる使い方の提案をより一層強く進める商品が登場するかもしれません。

「iPad ProはPCやMacを置き換える」Apple役員が発言

テレビなどでもPCって何?という子供のCMはそれを象徴しています。

apple watch


Apple Watch Series 3のセルラー版の登場により、独立した商品としての路線も模索しはじめたアップルウォッチ。
防水機能も含めてヘルスケア、スポーツガジェットとしての地位も確実な物にしようとしています。

唯一の問題点は
「Apple Watch Series 3」の電池持ちは18時間、単体で通話は約1時間が限度
この通話時のバッテリー持ちでしょうか?

思えば時計という端末としての進化は機能的にはもう無いわけで、「 ウォッチ 」という形状を借りたまったくの別物としての進化は始まったばかりかもしれません。

とはいえ、このサイズに様々な機能を収めるにはテクノロジーの進歩はかかせません。

アップルウォッチは全体的なスペックアップがされるだけでも別次元の使い勝手を生みそうな分野だけに、より「 進化を遂げたハイスペック版 」、もしくは 「 一般普及にむけた廉価版のアップルウォッチ 」が今年度発売されるのではないかと予想しております。

HomePod


先行するAmazon、Googleに追いつけとアップルから真打ち登場!・・・となるでしょうか?
スマートスピーカーについては次の展開が期待される(家電との完全連携等)分野だけに、新しい家電としての地位を確立するタイミングはまさに今。
この分野でアップルがもたらすスマートスピーカーに期待感が高まります。

HomePod、家庭での音楽の楽しみ方を再発明

最後に

これ以外に、映像コンテンツ関係の買収を含め、アップルが総合的にサービス面でもユーザーを取り組む方向で力を注いでいるのは予想されます。

Mac miniにApple Tvに関してはもう少し頑張って欲しいですが、この部分に関しては割高感が正直いなめません。

しかし、一つ気になる点と言えば

この環境が実現されると iPhon一台にキーボードやマウスを追加してテレビに繋げて使うという「 最後はiPhonだけが生き残る 」説が見えてくる可能性があります。 もしくは MacBookにタッチスクリーンが!(若干の今更感はありますが)

ただ、アップルは意図的に完全なPC,スマホ、タブレットの融合を避けて製品を出しているだけに今年度のアプリ統合がもし実現されれば、それに向けた製品シリーズ軸の統合が動き出すかもしれません。